OTHRES

90年生まれの23歳が年齢と将来を考えてみたら、結構良い歳なんだなあと思った記録

僕は今23歳です。今年で24になります。
年末実家に帰った時に久しぶりにテレビを見ていたら、主役としてバラエティに出ている人たちの年齢が自分より下でびっくりした。

年下なのに最前線のステージに立って活躍してるのかあと。なんだかすごく悔しい気持ちになったのを覚えてる。

今年新卒で入社が決まっているのだけれど、俗にいう3年という周期で最初の会社を辞めるとする。
そして僕が将来独立をしたいという設定だとすると、27歳の年で、初めて自分の足だけで挑戦の舞台に立つことになる。

今はいい時代だと言われていて、学生でも起業して大きな事業に成長させてる人が多くいたりする。その年齢は10代もいるし、僕の1個下の22歳だっている。
その人と極端かもしれないが、普通に会社に3年属して独立するとなると、同じ土俵に立つのが、その人が土俵に立ってから少なくとも5年はある。

5年だ。その間に何もやっていないということはまずないが、5年あれば中学生も大学生になってお酒の味を覚え、世の中に生き詰まる。 環境によってはすごい差が生まれるので、かなり怖いと思う。

はたまた僕が20代後半で結婚したいとしよう。独立とか考えていたらそれどころではない。子供の面倒どころがパートナーをおろそかにしてしまうかもしれない(このケースは気合でどうにかなるかもとは思ってるけど)

20代を輝かしい人生の期間と捉えている自分にとって、そんな数年先のことを考えるとグズグズしてらんないなあと思う。
いつの年でも挑戦できるとはいえ、20代で何をしてたかって、その後の人生の大きな指針になると思ってる。

そんなことをボケーっと思いながら、雪の中を歩く2014年2月14日。
力を付けながら、早く世の中に貢献したいものです。

おわり。

SHARE THIS

TAKUMI KAI

タクミ カイ

90年生まれ。九州宮崎出身のデザイナー。
良い感情を作るために体験をデザインします。

OTHER POSTS